コマンド一覧表

提供: Light.vn wiki
移動: 案内検索

[ ] は必須入力, ( ) はオプション(選択入力)を意味します。

イメージ表示コマンド

背景 [名前] [ファイル名]

ex. 背景 bg1 scenery.png
背景イメージ'scenery.png'に名前'bg1'を付与し表示する.

 [名前] [ファイル名] [x座標] [y座標] [表示レイヤー] (カメラ無視)

ex. 絵 alice2 alice.png 150 30 50
絵'alice.png'に名前'alice2'を付与しレイヤー50に表示する.
注: (カメラ無視)を'nocamera'に設定するとカメラ操作の影響を無視します。

ボタン表示関連コマンド

ボタン [名前] [x座標] [y座標] [表示レイヤー] (ボタン通常イメージ) (ボタンタッチ時イメージ) (ボタンクリック時イメージ) (カメラ無視) [タイプ / コマンド] (...) 

ex. ボタン button1 300(x) 400(y) untouched-image.png touched-image.png clicked-image.png nocamera スクリプト menu.txt menu_load

タイプ 使用例
none ボタン button1 300 400 80 none
saveslot [数字] ボタン button1 300 400 80 saveslot 1
loadslot [数字] ボタン button1 300 400 80 loadslot 1
savedelete [数字] ボタン button1 300 400 80 savedelete 1
quicksave ボタン button1 300 400 80 quicksave
quickload ボタン button1 300 400 80 quickload
voiceReplay ボタン button1 300 400 80 voiceReplay (一番最近再生されたボイスを再度再生)
open [ウェブサイト / ファイル名] ボタン button1 300 400 80 open http://lightvn.net
ボタン button1 300 400 80 open test.mp4

注: [タイプ]の代わりに、Light.vnコマンドを付けることも可能です。
ex. ボタン button1 300 400 80 ジャンプ next.txt

シスボタン [名前] [x座標] [y座標] [表示レイヤー] [ボタン通常イメージ] [ボタンタッチ時イメージ] [ボタンクリック時イメージ] (カメラ無視) [タイプ / コマンド] (...) 
ボタン文字 [ボタン名前] ["テキスト]

ex. ボタン文字 button1 "こっちをクリック!
指定のバトンの中心にテキストを表示します。
注: バトン文字は現在使用中の文字窓の設定を使うため、事前に正当な文字窓の宣言を必要とします。

ボタンタッチ時 [ボタン名前] [タッチ時発動コマンド]

ex. ボタンタッチ時 btn1 スクリプト textbox.txt

ボタン未タッチ時 [ボタン名前] [タッチ時発動コマンド]

ex. ボタン未タッチ時 btn1 スクリプト textbox.txt

ボタン基本資料 [通常イメージ] [タッチ時イメージ] [クリック時イメージ] (タッチ時効果音) (クリック時効果音)

ex. ボタン文字 untouched-image.png touched-image.png clicked-image.png
「これから生成するバトン全て」の基本資料(バトンタッチ時のイメージ等)を宣言します。
バトン生成時特定の使用リソースを宣言しないと、前もってバトン基本資料で宣言された資料(リソース)を使います。

ボタン活性領域

ex. ボタン活性領域

テキスト関連コマンド

文字窓 [名前] [x座標] [y座標] [表示レイヤー] [幅] [高さ] [フォント名] [フォントサイズ]

ex. 文字窓 textbox1 0(x) 400(y) 81(レイヤー) 800(幅) 200(高さ) r-mplus-1c-m.ttf 24

使用文字窓 [文字窓名前]

ex. 使用文字窓 textbox1

文字フォント [フォント_ファイル名]

ex. 文字フォント arial.ttf
注: フォントファイルはFontsフォルダーに入れてください。

文字サイズ [大きさ(pixels)]

ex. 文字サイズ 30(pixels)

文字行サイズ [大きさ(pixels)]

ex. 文字行サイズ 30(pixels)

文字色 [r:0-255] [g:0-255] [b:0-255]

ex. 文字色 255 150 0

文字ボールド [true/false]

ex. 文字ボールド true

文字陰 [陰タイプ]

ex. 文字陰 0
[陰タイプ]
0:陰無し
1:輪郭線 [r:0-255] [g:0-255] [b:0-255](デフォルト)

文字速度 [速度:ms/字]

ex. 文字速度 400(milliseconds)

文字ワードラップ [true/false]

ex. 文字ワードラップ false

文字方向 [縦/横:default]

ex. 文字方向 縦

文字整列 [左:default/右/中央]

ex. 文字整列 中央

文字窓スキン [スキン_ファイル名] [スキンx座標] [スキンy座標]

ex. 文字窓スキン skin.png(filename) 300(x) 400(y)

文字窓待機絵 [待機絵ファイル名]

ex. 文字窓待機絵 sys_wait.png

"[文章内容]
-"[文章内容]
文字自動待機 [on/off]

ex. 文字自動待機 on/off on:新しい文章や、続く文章が終わるたびに自動的にユーザーの入力を待つ。

文字進行 [0/1/2]

0:普通, 1: オートモード, 2:スキップ
ex. 文字進行 2 スキップ開始。既にスキップ中の場合は文字進行:普通に戻る。

文字 [名前] [x座標] [y座標] [表示レイヤー] [フォント名] [文字サイズ(px)] "[文章内容]

ex. 文字 msg_str 370 223 106 r-mplus-1c-m.ttf 24 "内容!

バックログ設定 [使用文字窓]

ex. バックログ設定 backlog_textbox
文字窓「backlog_textbox」をバックログで使用。

バックログリセット

ex. バックログリセット

変化関連コマンド

ループ [ループ種類: 0/1] [ループコマンド]

ex. ループ 1 移動2 alice1 +400 +0 500 loop 0 移動2 alice1 +100 +0 500

ループ終了 [対象]

ex. ループ終了 alice1, textbox0, カメラ

レイヤ [対象] [表示レイヤー]

ex. レイヤ albert2 80

画像 [対象] [ファイル名]

ex. 画像 albert2 scg1.png

ロールイン [ロール画像] (所要時間(ms))

ex. ロールイン fade_sun.png 800

ロールアウト [ロール画像] (所要時間(ms))

ex. ロールアウト fade_sun.png 800

イン [名前] (所要時間(ms))

ex. イン albert2 [1500(ms)] 注: イン/アウトは全てのリソースに適用できます。(絵、文字窓、・・・)

アウト [名前] (所要時間(ms))

ex. アウト albert2 (1500(ms)) 
注: イン/アウトは全てのリソースに適用できます。(絵、文字窓、・・・)

移動 [タイプ/固体名前] [最後x座標/相対的x変化] [最後y座標/相対的y変化] (所要時間(ms))

ex. 移動 albert2 300(x) 30(y) [duration(ms)] //ex. 移動 camera +100 +30 1500

回転 [名前] [角度] (所要時間(ms))

ex. 回転 albert2 180 (1500(ms))

拡大 [名前] [比率%] (所要時間(ms))

ex. 拡大 albert2 50% (1500(ms))

透明度 [名前] [透明度:0-255] (所要時間(ms))

ex. 透明度 albert2 125 (1500(ms))

色調 [名前] [r:0-255] [g:0-255] [b:0-255]

ex. 色調 albert2 25 25 25

画像反転 [名前] [上下/左右]

ex. 画像反転 alice1 左右

カメラ初期化

ex. カメラ初期化 
カメラの位置・拡大・回転を元に戻す。


スクリプト関連コマンド

待機 (オプション)

ex. 待機 (オプション) (オプション: ex. buttonSelect, 1500(ms))

ジャンプ [目的スクリプト/現在スクリプト栞] (目的スクリプト栞)

ex. ジャンプ script.txt bookmark1 //ex.ジャンプ bookmark1
ex.ジャンプ script2.txt

スクリプト [呼ぶスクリプト] (読み込みを開始する栞)

ex. スクリプト textbox.txt (bookmark1)

キートリガー [トリガー名] [呼ぶスクリプト/'here'] (読み込みを開始する栞)

ex. キートリガー r.click [textbox.txt/here] (show_textbox)

 [栞名]

ex. 栞 bookmark1

オーディオ関連コマンド

背景音 [ファイル名] (反復)

ex. 背景音 bgm1.ogg 反復

効果音 [名前] [ファイル名] (反復)

ex. 効果音 roar roar.ogg 反復

ボイス [ファイル名]

ex. ボイス ep0-3.ogg

音量 [対象] [音量:%]

ex. 音量 背景音 10%


動画関連コマンド

動画 [名前] [ファイル名] [x座標] [y座標] [表示レイヤー] [横幅] [縦]

ex. 動画 movie1 test.mp4 0 0 70 600 400


変数関連コマンド

変数 [変数名] [指定・演算] [数字]

現在可能演算:+= -= *= /=
ex. 変数 正解数 = 0 変数'正解数'を登録、0に初期化。
ex. 変数 正解数 += 1 登録変数'正解数'の既存数値に+1。

もし [変数名] [条件] [比較変数・数値] [条件成立スクリプト] [条件成立栞] (違ったら) (条件不成立スクリプト) (条件不成立栞)

現在可能比較条件:== != < <= > >=
注:違ったら~は省略可能です。
ex. もし 正解数 == 2 here 達成 違ったら here 未達成
ex. もし 正解数 == 2 here 達成

システム関連コマンド

ゲームエンド

ex. ゲームエンド
アプリケーションを終了させます。エディター上では作動しません。)

ダイアログ [ダイアログメッセージ] [YES選択時コマンド]

ex. ダイアログ 'タイトルへ戻りますか?' ジャンプ tut_text.txt

砂時計 [名前] [時間間隔:ms] (反復) [定時間発動コマンド]

ex. 砂時計 timer0 1500 反復 スクリプト textbox_sample.txt timer_func

砂時計解除 [砂時計名前] [YES選択時コマンド]

ex. 砂時計解除 timer0

クリア

ex. クリア 以前生成された全てのリソースを解除 (絵、背景、バトン、背景音楽・・・)。
注:スクリプト編集時には動作しません。

クリア色 [赤:0-255] [緑:0-255] [青:0-255]

ex. クリア色 255 255 255
レンダリング時のクリアー色を白(255 255 255)に指定します。

トラックバー [x座標] [y座標] [表示レイヤー] [幅] [変数名] [トラックボールイメージ名]

ex. トラックバー 370 246 105 530 bgm sys_trackball.png
背景音楽の音量をコントロールするトラックバーを生成。
[変数名]
bgm : 背景音楽音量
textSpeed : 文字速度

他コマンド

仮絵生成 [保存ファイル名] [フォント名] [幅] [縦] [名前ラベル] (表情ラベル) (他ラベル...)

ex. 仮絵生成 cg_s001 r-mplus-1c-m.ttf 250 450 テスト 笑 制服